22日のドル円相場

22日午後のドル円相場は上値も重く、1ドル=103円台前半で小動きですね。

東京時間の朝に103円30銭台で推移して、一時的に103円40銭台に上げたもの上値は重く、昼にかけて再び103円30銭台に軟化した。

クリスマスが近づいているからか、市場参加者が少なく、また、材料に乏しいことから103円30~40銭台の狭いレンジ内での動きが続いた。

英国で新型コロナウィルスの変異種が確認され、入国停止を欧州各国が表明し、英・EU貿易協議の行方にも不透明感が強まっているので、欧州時間での値動きに注目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました